広告

スポンサーサイト

アキラ

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted byアキラ

紫外線対策が骨をもろくする!アトピー性皮膚炎で紫外線に敏感な方は注意

アキラ

acc155b29c5aec039f62efbe17fdf74c_s.jpg

紫外線は長時間浴びると有害です。実際に、紫外線を浴びると、肌は紫外線をブロックするためにメラニン色素を生成します。

 

 

昔は日焼けしている子供の方が健康的だといわれた時代もありましたが、今は、シミや皮膚がんの原因となると警告されていますね。

 

 

余談ですが、日本人である私たちのメラニン色素の量は白人と黒人の中間くらいです。

白人種に皮膚がんが多いのは肌にメラニン色素が少ないためです。

 

 

子供の頃に浴びた紫外線が大人になって影響する紫外線アレルギーというものがあるのですが、具体的な症状としては、紫外線を浴びると肌が腫れたり、かゆみが出たりします。赤くなって、皮が向けたりする人もいますね。

 

 

アレルギーというのは今まで浴びた(体内に蓄積された)量が一定量を 超えると発生するものです。

 

 

肌荒れがアトピー性皮膚炎だと思って、皮膚科に行ったところ実は紫外線アレルギーだったということもあります。

 

 

ですから、子供の頃から蓄積されたものが一定量を超えてしまい、いきなりアレルギー反応が発症するケースもありますので注意が必要です。

 

 

紫外線を全く浴びないとどうなるのか?


人間は本来、肌に紫外線を浴びることでビタミンDという物質を生成しています。

ビタミンDの体内での働きは、カルシウムとリンの吸収促進です。


カルシウムとリンは、骨の形成に大切な栄養素ですが、近年、紫外線を避けることが当たり前になってどんどん、私たちの体内からビタミンDが減っています。



特に深刻なのは幼児で全乳幼児の3割ぐらいがすでに生まれた時からビタミンDが不足しているために骨がもろかったり、変形やうまく成長しない事例が報告されています。



それは母親もビタミンD欠乏症であるため、母乳に含まれるビタミンDが不足しているためだといわれています。




ビタミンD不足を改善するには

ビタミンDは主に魚に多く含まれるので魚をきちんととる必要があります。肉類や牛乳にはあまり含まれてはいません。



何故魚に含まれるかというと、食物連鎖の過程で紫外線を多く浴びるプランクトンを食べるからだといわれています。



あと、適度に日光に当たることです。あまり、過剰に紫外線を多く浴びることはよくありませんが、全く浴びないのも良くないです。上手くバランスを取りましょう。


それでも、足りない時にはサプリメントで補うことも必要ですが、できるだけ毎日の生活習慣の中でビタミンDを補うことが望ましいです。




余談ですが、皮膚がんが多いアメリカでは牛乳にビタミンDを添加物として入れているそうです。いずれ、日本でもそうなる時が来るかもしれませんね。




まとめ


1)紫外線アレルギーは、今まで浴びた量が一定を越えると起こる

2)紫外線を全く浴びないと、ビタミンDが生成されない

3)ビタミンDが生成されないと、骨に異常が起こりやすなる

4)ビタミンDを多く含む食品のは、魚である。

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。