広告

スポンサーサイト

アキラ

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted byアキラ

爪の乾燥が気になる方へ|ネイルの除光液の正しい選び方と注意点

アキラ

792d934ff35266f2a3c5b4ef6cd8f3c6_s.jpg

爪は皮膚の一部で角質が固く変形した部分ですので、健康状態の悪化や、表面にダメージを受けてしまうと肌と同じく潤いがなくなり乾燥して脆くなってきます。

 

 

ですが、女性にとってはいまやネイルケアはエチケットですので、職業柄、全くマニキュアをしないということが難しい方も多いでしょう。

 

 

なにより、女性なら少しでもキレイになりたいものです

マニキュアを塗ることで、オシャレにもハリが出ますし、気分も良くなります。

 

 

今回は、マニキュアを塗る際にできるだけ爪のダメージを減らしたいという要望に答えて、正しいケアの仕方について解説していきたいと思います。

 

 

 

爪の乾燥の原因は除光液

 

マニキュアを塗ること自体で、爪が乾燥して傷めるということはあまり無いです。(むしろ、爪をコーティングして保護します。)

ですが、マニキュアを落とすときに使う除光液(リムーバー)が 爪の乾燥の原因となります。

 

 

特に、最近は毎日マニキュアの色を変えて楽しむという人が増えたので、除光液を使う頻度が増えていると言えます。

除光液は爪の乾燥の原因となるので、使う頻度と量を少なめにしましょう。(月に2、3日位程度が望ましいようです)

 

 

 

除光液の選び方

 

除光液が爪に良くないのですが、除光液にもいろいろな種類があります。

私のオススメするのはアセトンが入っていないものです。

「アセトンフリー」や「ノンアセトン」と表記されているものです。

 

 

ノンアセトンの除光液は多くなってきているので、手に入りやすいと思います。

でも、アセトンが入っていなくても、別の成分が入っていることに変わりはないので、使いすぎは禁物です。

 

 

 

除光液を何度も使わないための工夫

 

除光液の使う頻度を減らすには、しっかりとオフすることが重要です。

そのためには、しっかりと二度塗り(塗りムラの無い塗り方)をします。

そうすることで、しっかりとマニキュアを落とすことができるので結果として、除光液の使う頻度が少なくて済みます。

 

 

そして、除光液を塗った後の注意点ですが、十分に時間をかけて汚れを浮かせた後、

何度も擦らずに、一度で拭き取ります。擦ると爪の表面を傷つけてしまう可能性があります。)

 

 

爪に潤いを与えるケア

 

爪の乾燥は、まめに保湿することで防ぐことができます。

除光液を使用した後は専用のオイルやハンドクリームを爪と周りの皮膚にマッサージするように塗りこみます。

 

 

最近では、マニキュアを塗った爪の上からも使えるタイプのオイルやトリートメントもありますし、保湿成分の入ったベースコートも販売されていますので、上手に利用して爪を乾燥から守りましょう。

 

 

週末はマニキュアをせずに爪を休ませてあげるなど自分の出来る範囲で、爪をいたわることを習慣化することでストレスなく、爪に良い生活が自然と身につきます。

 

 

まとめ

1)爪と周りの皮膚はマメに保湿する

2)除光液はアセトンの入っていないものを選ぶ

3)除光液を使う時は、一度でしっかりオフし拭く時は擦らない。

4)除光液を使う頻度は、月に数回程度にする

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。