ストレスで肌が荒れるメカニズム|疲労から皮膚を守るには

Category : ストレス

美容液や乳液はいいものを使っているし、

サプリメントも高いものを飲んでいるのに

一向に肌荒れが改善しない、そんな時は

ストレスが肌の改善の邪魔をしているのかもしれません。

 

 

 

ストレスが肌に及ぼす影響

 

 

私たちは生活していく上で、無意識に交感神経副交換神経

切り替えているのですが、ストレスが溜まってくると

その2つを切り替えている自律神経が正常に働かなくなります。

 

 

交感神経というのは、昼間に仕事をしている時など、

緊張している状態に働き、体をアクティブに動かします。

副交換神経というのは、主に夜、就寝前など、

リラックスしている時に働き、休息を促します。

 

 

交感神経と副交換神経が上手く切り替えて、

精神と肉体のバランスが保てているのは

自律神経のおかげですから、上手く働いてくれないと、

疲れやすくなり、病気にもかかりやすくなります。

 

 

 

あと、皮膚の表面にある表皮の中にある有棘層という場所に

ランゲルハンス細胞というものがあるのですが、

ストレスを感じると減少してしまうのです。

 

 

ランゲルハンス細胞とは、外からの刺激を認識して

リンパ球に伝える免疫機能にとって非常に重要な役割をする細胞

ですが、数が減ってしまうと反応が鈍くなり(人手不足になり)

 

 

免疫機能に影響が出るので、細菌をガードしきれなくなり

侵入を許してしまうので、肌荒れや、ニキビなどの

皮膚の炎症が起きやすくなってしまいます。

 

自作ランゲルハンス の図hif

 

 

ストレス疲労から肌を守るには

 

 

ストレスがたまると、寝不足気味になったり、

アルコールの過剰摂取や過食になることも少なくなく

そうなると、悪循環になってしまいます。

 

 

ストレス解消といっても難しいと思いますので、

私が、日々行なっていることが少しでもストレスを改善するのに

参考になればと思い書いておきます。

 

 

1.就寝前(数分でもいいので)、テレビもPCも消して

無心になる(ボーっとする)

初めは、色々と考えてしまいますが、慣れると不思議に

頭が整理されてきます。(私もまだ極めていないですが)

 

 

2.足のツボ押し

安いものでいいので、踏むタイプのもので足を

交互に上げ下げするような形でツボを刺激すると

足の疲れが取れます。

 

 

3.神門のツボを押す

小指を曲げた時に手首にヘコむ箇所があるので

そこを押してください。(力はいらないです)

 

sinnmonnhanda0001_014905_m

 

4.なるべく寝る

疲れた時にはやっぱりこれが一番効きますよ。

忙しいと毎日はキツイかもしれないですが

みんなで(私も含め)なるべく睡眠は取りましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

 

1)ストレスは自律神経を狂わす

2)ストレスが溜まっていると思ったら、自覚して解消する

3)ストレス解消の特効薬は睡眠


テーマ : 美容・健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Comment

非公開コメント

最新記事
スポンサードリンク




カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

アキラ

Author:アキラ
アトピー持ちで皮膚が弱いです。


皮膚・爪の病気 ブログランキングへ

ブログランキング

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新コメント
最新トラックバック
あわせて読みたい
あわせて読みたい
ブログパーツ
  • SEOブログパーツ
  • キーワード調査ツール